対策をして眼精疲労から目を守ろう|アイズヘルスケア法

beautiful girl

慢性的な目の疲れ

水とサプリ

生活習慣の改善が必要

眼精疲労でお悩みの方は多いのではないでしょうか。目が疲れた時に休憩したり眠ったりしても治らずに、症状が頑固に続くのが眼精疲労と呼ばれています。眼精疲労の主な症状は、目の痛み、充血、涙、目の疲れ、ぼやける、かすむ、肩こり、倦怠感、吐き気、頭痛などです。眼精疲労の原因は、目の使いすぎ、生活環境によるもの、目の病気、精神的ストレスなどです。眼精疲労の治療には、まず眼科で検査を受けることをおすすめします。目の病気以外からくるものに対しては、メガネやコンタクトが合っているかのチェック、生活環境を改善することが大切です。目の周りの血行を良くすることが効果的なので、濡れタオルで温めたり冷やしたりすることがおすすめです。

目に良い食べ物

眼精疲労は、ひどくなると身体的にも症状が現れます。眼精疲労の対策は、パソコンなどを長時間使う方は目を疲れにくくするために、こまめに休憩することが大切です。目の疲れは、目の焦点を合わせるために使われている毛様体筋が、目の焦点を変えずに長時間凝視することで筋肉が疲れてしまい起こる特徴があります。こまめに眼精疲労予防の対策をとることで、慢性的な眼精疲労を改善しましょう。身体の中から、対策をとることも効果的です。疲れ目によい、食べ物やサプリメントを摂取することも効果的です。目に良い食べ物は、カシス、ブルーベリー、鶏・豚・牛のレバー、うなぎ、青魚、ブロッコリーなどがあげられます。これらの食べ物を積極的に摂取して対策をしましょう。